ホーム > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税 > 相続登記はお済ですか?

ここから本文です。

更新日:2022年8月8日

相続登記はお済ですか?

現在、所有者不明土地問題が社会問題となっています。その主な原因として、相続登記が未了のまま放置されていることが挙げられます。相続登記をしていないと、

  • 相続人が増加し、権利関係が複雑になる。
  • 相続人の調査に時間がかかり、手続費用が高額になる。
  • 用地買収の話がもちあがり、相続人間で争いが生じる。
  • 不動産をすぐに売却できない。
  • ローンを組むときにすぐに担保に入れられない。

などの様々なデメリットが発生します。土地や建物の不動産を所有していた方がなくなった場合には、「相続による所有権移転」の登記を不動産を管轄する法務局に申請することが必要になります。

相続登記が義務化されます

令和6年4月1日から、相続により不動産を取得した相続人は、その取得を知った日から3年以内に相続等を申請する必要があるようになります。また、令和6年4月1日までに相続が発生している場合にも、相続人が相続により不動産の取得を知った日から3年以内に相続登記を申請する必要があります。

詳しくは、法務局にお尋ねください。

【相続登記の義務化】(外部サイトへリンク)

【法定相続情報証明制度】(外部サイトへリンク)

【自筆証書遺言書保管制度】(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ先

錦江町役場住民税務課税務チーム

〒893-2392 鹿児島県肝属郡錦江町城元963番地

電話番号:0994-22-3037

ファックス番号:0994-22-1951

鹿児島地方法務局鹿屋支局
TEL:0994-43-6790

鹿児島地方法務局曽於出張所
TEL:099-482-0047

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

 

 

 

ページの先頭へ戻る