ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月6日更新

錦江町は、鹿児島県の大隅半島中南部に位置し、人口7,635人(2018年10月1日)の町です。2005年(平成17年)に旧大根占(おおねじめ)町と旧田代町が市町村合併し、錦江町となりました。町名は、町の西側に広がる錦江湾(鹿児島湾)に由来されます。

町の総面積は、163.15平方キロメートルで、地形的には、海岸地帯、中部高原地帯、稲尾岳・荒西山等の標高500mから1,000m級の肝付山地からなる森林山岳地帯の三つに大別されます。海岸地帯では、大隅海峡を流れる黒潮もあるため、高温多湿の気象条件で、年間降水量2,000mm、平均気温20℃となります。中部高原地帯や森林山岳地帯では気温が比較的低くなっており、一部地域では、年間降水量2,500mm、平均気温17℃となります。

農業が主な産業で、ピーマン、インゲンなどの園芸作物やサツマイモ、ジャガイモ、お茶や加工用大根など多様な作物が耕作されています。また、黒毛和牛などの畜産も盛んで、平成27年度は農業生産額が91億円となっています。

雄大な桜島・薩摩富士といわれる開聞岳を望み、日本一の素晴らしい錦江湾の夕景が展望できます。
「ひと輝く・こころ豊かな町」を目指して、住みよいまちづくりを進めています。

 

錦江町 全景錦江湾 夕日