ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 産業振興課 > 農業機械の導入や新規就農に関する事業例・ご相談先

農業機械の導入や新規就農に関する事業例・ご相談先

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月26日更新

農業機械の導入や新規就農に関する事業例・ご相談先

 

目的ごとの事業・事例

目的事業名補助率等特に注意する要件
(詳細はお問合せください)
相談時期等導入事例
【1】機械・施設を導入したい
 
 
 
活動火山周辺地域防災営農対策事業65%
(被覆施設は100分の70以内)   
・被覆施設の受益面積は概ね3,000平方メートル以上
・洗浄施設の受益面積は概ね1.5ha以上
通年(通常、翌年度以降の導入に向けた相談となります。) 
 
 
・被覆施設
・降灰洗浄施設など
農業・農村活性化推進施設等整備事業1/3以内・受益戸数は3戸以上
・受益面積は概ね30a以上
・ハウス自動開閉装置など
経営体育成支援事業融資残額(事業費の10分の3以内)・「人・農地プラン」に位置付けられた中心経営体等
・融資を活用
・茶防除機など
高性能林業機械導入支援事業1/8以内国県の補助事業採択になった事業費の消費税を含まない額の1/8以内大隅森林組合でプロセッサー・グラブルソー・ホワーダ等の実績あり
【2】新規に就農したい
 
 
 
 
 
 
新規就農者総合支援事業(機械導入支援)50%以内・200万上限・申請時45歳未満、就農後5年以内の者
・導入後3年以上就農できる者
通年トラクター、管理機、牛舎、ハウス設備等
新規就農者総合支援事業(親元等就農生活支援)年間100万円、最大2年間・申請時43歳未満
・独立・自営で支援期間内及び支援終了後3年以上就農できる者
通年 
就農研修資金の貸付 (1)農業大学校等における研修:5万円以内/月
(2)先進農家等における研修:15万円以内/月
(3)海外派遣研修:15万円以内/月
(4)指導研修(青年のみ):200万円以内
通年
(大隅地域振興局にて受付)
 

青年等就農資金

※詳細はこちら

金融政策公庫による無利子貸付青年等就農計画が認定された方(認定新規就農者)通年農地取得費用は除く
農業次世代人材投資資金(準備型)年間150万円、最大2年間農業大学や先進農家への研修を行う方。
2年後、独立自営にて就農できる方
4月、11月
(大隅地域振興局にて受付)
 
農業次世代人材投資資金(経営開始型)年間150万円、最大5年間・申請時45歳未満
・独立自営で交付期間内及び交付終了後最大5年以上就農できる者
通年 
錦江町狩猟免許取得及び狩猟者登録補助金予算の範囲内(1)猟免許講習会受講料上限10,000円
(2)狩猟者登録に要する費用(狩猟税・登録手数料・大日本猟友会会費・鹿児島県猟友会会費・鹿児島県猟友会肝属支部会費)が補助対象
(1)毎年6月末まで
(2)毎年9月末まで
(1)平成20年度から実施
(2)平成30年度から実施
【3】農地を借りたい、貸したい農地中間管理事業 産業振興課・生産振興チームまでご相談ください。通年 
農業委員会 農業委員会までご相談ください。通年 
【4】作物の転換
 
経営所得安定対策(水田活用の直接支払交付金)作物により単価は異なる・水田において、国及び町が定める作物を生産・販売している者に対し交付金を交付する。1回目:2月
2回目:5月
 
永年作物抜根事業10aあたり60,000円(ただし予算の範囲、千円未満切り捨て)茶樹等が栽植されているほ場で、抜根して他の作物に植え替えたい方。
ほ場面積10a以上で、1ほ場1回のみ。事業完了後、5年間そのほ場で営農活動を行うこと。
通年
(予算の執行状況により翌年度実施になる場合あり)
 

※本町で相談の多いものを挙げております。

また、災害や作物特有の病気等、国・県の施策等により、緊急に実施される事業もあります。

ぜひ一度、下記のご相談・お問い合わせ先までご相談ください。

 

ご相談・お問い合わせ先

目的の番号【1】【4】産業振興課 経済チーム  電話0994-22-3034(直通)

目的の番号【2】【3】産業振興課 生産振興チーム  電話0994-22-3036 (直通)

目的の番号【3】農業委員会  電話0994-22-3035(直通)

 

〒893-2302

鹿児島県肝属郡錦江町城元963番地

錦江町役場

Fax(各課共通)0994-22-1951