ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 出来事でさがす > ライフステージ > 仕事 > 錦江町「しごとのこし専門員」(未来づくり専門員)募集について

錦江町「しごとのこし専門員」(未来づくり専門員)募集について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月25日更新

後継者

後継者になってみませんか?

 錦江町は、九州最南端の鹿児島県大隅半島南部に位置し、鹿児島湾に面した温暖な海岸地帯から照葉樹林の麓の冷涼な高原地帯を有する多様で豊かな自然あふれる町ですが、全国の過疎地と同様に、急速な人口減少・少子高齢化に悩んでいます。

 そこで本町では、厳しい現実を逆手にとって、子や孫のために希望あふれる未来を創り、つなぐために町民や行政、町外支援者、移住者の皆さまと一緒になって「錦江町『MIRAI』づくりプロジェクト」を進めています。

 例えば、九州初となった農業×AIへのチャレンジ。

 例えば、過疎地教育×AIへのチャレンジ。等々

 過疎地由来の様々な問題を先端技術や理論を最大活用し、町の成長エンジンに代えるとともに、未来を担う子供達に「希望」を示し、超少子高齢化社会が到来間近の日本に向けて「処方箋」を示すべく、積極的に取組んでいます。

 

 「このままではせっかくの技術が失われてしまう・・・」

 

 そんな中で、これまで一生懸命ご商売されてきた方も後継者の確保に苦慮され、せっかく長年のご経験の中で培われてきた技術やノウハウ、まだ現役で使用することのできる機材などを次世代へ継承したいという想いがあっても難しい現状があります。町にとっても、1つの技術・経験が町内から無くなることは、大きな損失となります。

 この現状を改善すべく、このたび「地域おこし協力隊」の制度を活用し、都市部より「この仕事の後継者となりたい」という想いのある方を『しごとのこし専門員』という名称で募集することとしました。

 「町のインフラとして自分の仕事を残したい」「技術を引き継ぎ、さらに新しい農業へチャレンジしてほしい」「錦江町であらたなビジネスチャンスを生み出したい」等、強い思いのある事業者様が後継者を探しています。時には困難なこともあるかもしれません。その時には、事業所様・役場・そして地域の方と一緒に考えて最良の形を見つけていきましょう。

 共に町に明るい“未来”が残せるよう取り組んでくださる方を心からお待ちしています。

活動内容

 町内の事業者に席を置き、後継者・ビジネスパートナーとして一緒に事業を行っていただき、任期終了後は町内で独立し、事業を継続してもらう専門員です。

 募集事業所は以下の3社です。

(有)大隅南北 【募集人数:1名】

事業概要: 建物の清掃管理・ハウスクリーニングなど
募集内容: 後継者の経営者(取締役社長)
業務内容: 清掃業務・経営管理・顧客管理、清掃計画やコストダウンのための提案等
▼ 10 年後程度を目途に、経営権など完全譲渡予定です。3年の任期後は、社員としてしばらく働いてもらい、経営者としての知識や経験を深めてもらいます。

 

◆遊喜農園 【募集人数:1名】

事業概要: 施設園芸(いんげん・スナップ)露地栽培(ケール・明日葉)
募集内容: 独立を目指す農家志望者
業務内容: 野菜作りの基礎、栽培・収穫管理、販売についての研修、
経営管理や他県農場、販売先、仕入れ先への研修
▼2年ほどで仕事を覚えてもらい、3年目からは独立を目指して仕事を任せたい。任期後は一部の畑を貸与し、町の制度も活用し、徐々に栽培や販売を任せていきたい。

 

◆浜田農園【募集人数:1人】

事業概要: 観光農園(ぶどう・マンゴー)運営・農園レストランの経営
募集内容: ワイン部門の代表者
業務内容: ワイン葡萄の栽培技術や醸造の技術研修製品の生産販売
▼独立までは5年を目途に考えています。浜田農園とは別にワイン部
門を立ち上げるため、ワイナリーの立ち上げ・ワイン葡萄の栽培から
ともに活動してくれるパートナーを募集しています。

 

募集対象 (必須条件)

  • 日本国内の過疎地域自立促進特別措置法(平成12年法律第15号)、山村振興法(昭和40年法律第64号)、離島振興法(昭和28年法律第72号)、半島振興法(昭和60年法律第63号)、奄美群島振興開発特別措置法(昭和29年法律第189号)、小笠原諸島振興開発特別措置法(昭和44年法律第79号)及び沖縄振興特別措置法(平成14年法律第14号)に指定された地域以外の地域から転出する者
  • 委任日において18歳以上概ね50歳以下の者で普通自動車運転免許資格があること
  • 基本的パソコン操作(ワード・エクセル・パワーポイント等)ができること
  • 委任日に錦江町に住民票を移すことができる者(町内に移住・定住出来ること)
  • 地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない者

給与賃金

月額173,150円(社会保険料等自己負担分を含む。)

勤務時間

 それぞれの事業所により、勤務時間・休日が異なりますが週40時間で勤務していただきます。(クラウド型勤怠管理システムにて管理)

ただし、業務の都合で時間外の勤務が生じた場合は、代休取得可能です。

※勤怠管理には、クラウド型勤怠管理システムを活用

活動形態

(1)錦江町の一般職非常勤職員として錦江町長が任命します。

(2)活動期間は任命日から1年間とします。ただし、1年ごとに更新し最長3年まで延長することができます。

待遇・福利厚生

● 社会保険・雇用保険に加入します。

● 任期中の住居にかかる家賃は3万円を上限に錦江町が負担します。(生活必需品や光熱水費等は自己負担)

● 活動に必要な車両やパソコンは錦江町が用意し、貸与します。燃料費も町が負担します。

● 引越しに係る費用は自己負担とします。

申込期間

2018年7月25日(水)から2018年10月31日(水)17時必着

※該当職種が定員に達しましたら、期間中であっても募集を終了します。申込み前に募集状況をお問い合わせください。

応募手続き

【提出書類】

  (1)履歴書兼応募用紙

  (2)職務経歴書

※提出書類はパソコンで入力したものも可能とします。

※提出された書類はお返しいたしません。

※応募用紙により、書類選考を行いますので詳しくご記入ください。

※確認のため、お電話で連絡することがあります。必ず連絡の取れる連絡先をご記入ください。

01履歴書兼応募用紙(しごとのこし専門員) [Excelファイル/41KB]

02職務経歴書 [Wordファイル/17KB]

 

【応募方法】

上記(1)・(2)の書類をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ錦江町役場 政策企画課まで郵送もしくは持参してください。(ダウンロードできない場合は、役場政策企画課までお問合わせください)

選考方法

(1)第1次選考(書類 審査)

書類選考のうえ、結果を応募者全員に文書で通知します。

(2)第2次選考(面接審査)

● 第1次選考合格者を対象に錦江町にて面接による審査を行います。日程の詳細は、第1次選考結果の通知の際にお知らせします。

● 選考結果(最終)は、第2次選考受験者全員に文書で通知いたします。

※二次面接に要する交通費・宿泊費を一部支給します。(支給金額は一人あたり4万円上限。試験終了後、領収書等を提出していただき4万円を上限に、かかった経費分についてお支払いします。)

募集要項

平成30年度 しごとのこし専門員募集要項 [PDFファイル/491KB]

平成30年度 未来づくり専門員募集チラシ(1) [PDFファイル/1.43MB]

平成30年度 未来づくり専門員募集チラシ(2) [PDFファイル/1.33MB]


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)