ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 教育課 > 新型コロナウイルス感染予防対策に係るスポーツ活動及び社会体育施設等の利用について

新型コロナウイルス感染予防対策に係るスポーツ活動及び社会体育施設等の利用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月21日更新
町内スポーツ関係者 各位

 日頃より本町のスポーツ振興及び新型コロナウイルス感染予防対策につきまして、ご理解とご協力をいただき深く感謝申し上げます。
 さて、5月14日に「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」における緊急事態措置を実施すべき区域を鹿児島県が解除されたことにより、本町のスポーツ活動及び社会体育施設等の利用については下記及び別添のとおりといたします。
 今後も新型コロナウイルス感染予防対策の徹底と慎重な対応をお願いいたします。


1.スポーツ活動について(対外試合等の解禁)
 令和2年5月23日(土)から町内中学校の部活動が対外試合等を認めることから、本町体育協会及びスポーツ少年団においても部活動に準じて対外試合等を認めます。ただし、県外の団体等との対外試合等は除くものとします。
 また、対外試合等を行う場合も屋外では200人以下、屋内では100人以下の規模を上限とします。屋外は200人以下かつ人と人との距離を十分に確保できることとし、具体的な距離は2メートルが望ましいです。屋内は100人以下、かつ収容定員の半分以下の参加人数にすることを目安としてください。

2.社会体育施設等の利用について
 社会体育施設等の利用については、別添のとおり各施設の規模に応じて利用者数に制限をかけたうえで利用を許可します。
 そのうえで、以下の事項を厳守してください。
・体調の悪い方の利用の禁止。
・「3密(密集・密接・密閉)」の回避。
・施設利用前の手洗い・手指消毒の徹底。
・換気の徹底。
・観戦者や保護者等のソーシャルディスタンス(身体的距離)の厳守

錦江町教育委員会 教育長 畑中 清和   
錦江町体育協会 会長 馬込 守   
錦江町スポーツ少年団本部 本部長 伊井 克光

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)