ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

SNSとの接し方

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月8日更新

錦江中学校 SNSとの接し方宣言

1. SNSは上手に利用します
  SNSはコミュニケーションを図る上で,有効な手段です。しかし,誤った使い方をすれば取り返しのつかないことや犯罪につながります。SNSを利用するときは,いろいろな人とつながっていることを自覚して,情報を発信しましょう。

2. 個人情報を発信しません
  自分も含めて個人情報(住所,名前,年齢等)を発信してはいけません。写真や動画等にも個人情報が含まれています。個人情報をネットに上げたことで犯罪に巻き込まれてしまうこともあります。

3. 人が傷つく文や写真・動画を投稿しません
  たとえ冗談のつもりでも,人が傷つく文や写真を投稿してしまうと,トラブルの原因となります。この行為はいじめや犯罪と同じです。投稿された相手も投稿した本人もどちらもハッピーにはなれません。

4. 自分を大事にします
  親しい人からお願いされたからと言って,送った後に後悔するような文や画像・動画等は絶対に送ってはいけません。一度ネットに上がったデジタルデータを完全に消すことは難しく,一生思い悩むことになるかもしれません。もっと自分のことを大事にしましょう。

5. SNSやネットでのトラブルに気付いたらすぐ相談します
  SNSやネットでのトラブルはあっという間に拡散します。それを止めるためには,気付いた人またはトラブルに悩んでいる人がすぐに親や先生に相談することです。

6. SNSができる機器は21時になったら親に預けます
  SNSを正しく利用するならば,21時以降にスマホやタブレットなどは必要ありません。連絡,調べ物は21時までに終わらせ,あとは親に預けましょう。預けるときは,ロックをかけてはいけません。親がチェックすることを考えてSNSを正しく利用しましょう。

7. 学校で使うタブレットでSNSはしないようにします
  学習を深めるための道具です。正しい使い方をしましょう。

 

 
                                                                                        
                                                  ※ 令和元年5月14日 生徒総会にて承認

※ 7は令和3年度の追加